2010年02月25日

大阪府警、児童虐待事案をデータベース化へ(読売新聞)

 大阪府警は、児童虐待が疑われるとして調査した保護者や児童の名前・住所、事例などをデータベース化する。

 「児童虐待事案等相談システム(仮称)」で、2010年度中の運用開始を目指す。システムを管理する府警本部と府内64署をオンラインで結び、虐待関連の通報を受けて各警察署員が現場に向かう前に検索。登録があれば、細心の注意を払って調べられるようにするのが狙いだ。

 府警によると、対象は01年以降に調査し、虐待と認定した約1800件。内容は、関係者の名前、事案概要、児童の健康状態や登校状況、保護者のアルコール・薬物依存の有無などで、府内であれば、関係者が転居しても、名前などから判断し、対応できるという。

元Jリーガーを釈放=任意で捜査継続−警視庁(時事通信)
国試で読み仮名「考えていない」−EPA看護師候補者などで(医療介護CBニュース)
元部下、2人殺害認める=強盗目的は否定−裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)
預金55億の利息流用か=小林氏側への選挙資金に−札幌地検(時事通信)
半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」−外務省有識者委(時事通信)
posted by ハルヤマ モリオ at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

惜しむ声、芸能界で続々=藤田まことさん死去に(時事通信)

 俳優の藤田まことさん(76)が亡くなったことで、芸能界では突然の死を惜しむ声が続々と上がっている。「必殺」シリーズで、藤田さん演じる中村主水の義母役を長年にわたって務めてきた菅井きんさんは「驚いております。一昨年、『必殺』でご一緒した時はわたしの体を心配してくれたものです。残念で仕方ありません」と語る。
 「ただただ悲しいです。もっとお会いして、もっとお話をうかがい、もっと勉強させていただきたかった。大きな目標となる方との突然のお別れに途方に暮れております」と、戸惑いの気持ちを明かすのは「必殺」で共演した東山紀之さん。
 映画「明日への遺言」(2008年)で45年ぶりに共演した富司純子さんは「『また共演したいね』とおっしゃっていただいて、とてもうれしく、その日が来るのを心待ちにしておりましたのに、本当に残念で、寂しくて悲しくてなりません」と嘆いた。 

【関連ニュース】
さよなら、森繁久弥さん=不世出の名優に最後の別れ
中華圏でも速報=根強い人気、復帰に関心も
皇居で文化勲章親授式=米朝さん「芸能界の珍事かも」
ファン「しっかり反省を」=傍聴希望6615人、日比谷公園に列=酒井被告の初公判

女児にお名前は? 公園トイレで無職男が強制わいせつ(産経新聞)
<マータイさん>国連大学で環境と平和を語る(毎日新聞)
<五輪フィギュア>高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
自民、審議拒否の方針を確認 午後の本会議も欠席(産経新聞)
理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)
posted by ハルヤマ モリオ at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

火災 2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬(毎日新聞)

 17日午後6時ごろ、東京都練馬区三原台2の木造アパート「コーポ三原台3」2階の、会社員関口裕之さん(24)方から出火、同部屋の37平方メートルを焼いた。焼け跡から関口さんの長男大毅ちゃん(3)と長女心愛(ここな)ちゃん(2)の遺体が見つかった。また、自力で避難した妻美穂さん(24)と0歳の次男優心(ゆうしん)ちゃんは頭や手に軽いやけどを負った。警視庁光が丘署と東京消防庁が出火原因を調べている。

 同署によると、関口さん方は2DKで、6畳和室の押し入れが激しく燃えていた。大毅ちゃんと心愛ちゃんの遺体は隣の洋室から発見された。関口さんは5人家族で、出火当時、関口さんは不在だった。

 近所の人によると、美穂さんは優心ちゃんを抱いて部屋から飛び出し、「まだ中に子どもが2人いる」と泣き叫んでいた。美穂さんは部屋に戻ろうとしたが、火と煙が激しく、近所の人が止めた。美穂さんは「押し入れから火が出た」と話していたという。

 現場は西武池袋線石神井公園駅の北約1.5キロの住宅街。消防車など22台が出動し、約1時間半後に火を消し止めた。【山本太一、松谷譲二】

【関連ニュース】
火災:住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪
火災:大阪府立大学の部室棟燃える けが人はなし
火災:民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷
火災:大阪・都島区のアパートで朝火事 男性2人死亡
火災:宮崎・都城で住宅全焼 2人焼死

伊丹廃港決議案提案へ、大阪府議会の橋下支持派(読売新聞)
エビ養殖詐欺元幹部に無罪 東京地裁(産経新聞)
<非出会い系>被害が前年比4割増 規制強化が影響か(毎日新聞)
長岡京 よろいの部品、内裏跡から出土(毎日新聞)
「再び働きたい」女性にいばらの道(産経新聞)
posted by ハルヤマ モリオ at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。